2014年09月06日

がん予防になる食べ物や生活習慣

p-005.jpg

今や、日本人の3人のうち1人が「がん」で亡くなっている現代。

がん予防は、多くの人にとって大切なことと言えます。

また、一方で、「がんは予防できる病気」とも言われています。そのために、私たちはどうすればよいでしょうか。

アメリカの研究から

「米国対がん協」のガイドラインには、次のようなことが書かれています。

○減量と原理要した体重維持
○定期的な運動
○果物や野菜を毎日食べる

また、ハーバード大学の研究(1996)によると、がん死亡の原因は次のことがあげられるそうです。
○喫煙(30%)
○食事(30%)
○運動不足(5%)
○飲酒(3%)

これを見ると、タバコを吸わない人にとっては、食事の影響が大きいと言えますね。

日本の研究から

日本のがん予防の研究結果を読むと、明確にがん予防ができるものはなく、できるだけがんのリスクを低下させる方法が提唱されています。

生活習慣としてがんのリスクを低下させるものは、次のようなことです。

○運動 定期的な運動の習慣
○野菜や果物 1日に400グラム以上
○にんにく 最も予防効果が高い食品と言われている
○食物繊維 大腸がん予防に有効
○大豆 イソフラボンががん予防に効果あり
○きのこ類 βーグルカンが免疫力を強化
○緑茶 カテキンの抗酸化作用
○トマト リコピンが豊富

デザイナーフーズ計画

デザイナーズフーズ計画とは、アメリカ国立癌研究所 によって、がん予防に有効性のあると考えられる野菜類を選定したものです。

がん予防に効果が高い食品

にんにく
キャベツ 大豆
ショウガ
セリ科の植物(ニンジン・セロリなど )
タマネギ お茶 ターメリック 玄米 全粒小麦
柑橘(オレンジ・レモン・グレープフルーツなど)
ナス科の植物(トマト・ナス・ ピーマンなど)
アブラナ科の植物(ブロッコリー・カリフラワーなど)

どれもカンタンに手に入る食品ですね。

papalaのまとめ

いろいろ調べてみて、「がん予防」に必殺技はないと思いました。

でも、生活習慣や食事に気をつけることで確実にがんのリスクは低減できることも分かりました。

なかでも、次の3つは気をつけていきたいと思います。

○標準的な体重の維持
○定期的な運動
○果物や野菜中心の食生活
posted by papala at 15:06| Comment(0) | 美容と健康の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。